知念侑李&中川大志、『坂道のアポロン』完成披露でイチャイチャ炸裂 

2月5日、東京・EX THEATER ROPPONGIにて映画『坂道のアポロン』の完成披露舞台挨拶が行われ、主演の知念侑李(Hey! Say! JUMP)をはじめ、中川大志、小松菜奈、中村梅雀、真野恵里菜、三木孝浩監督が登壇した。

漫画家・ 小玉ユキによる同名コミックを実写映画化した本作は、クラシックピアノが得意な少年・西見薫(知念)が、転校先の高校で川渕千太郎(中川)と出会い、ジャズを通して人生を切り開いていく物語。『先生! 、、、好きになってもいいですか?』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などの三木がメガホンを取った。

本作が初単独主演となる薫役の知念は、ブラウンのスーツに赤いボーダーのネクタイで登場。初単独主演はかなりプレッシャーだったようで、「話を聞いたときからずっとドキドキで、プレッシャーがすごくて、今日もすごくドキドキしているんですけど、一緒にいらっしゃるキャストの皆さん、そして監督をはじめとするスタッフの皆さんに支えられて、本当に素敵な作品になったと思います」と周囲のサポートが励みになったことを明かす。その後司会者から、一歩前に出たあいさつの礼儀正しさを褒められ、照れながらも「我が強すぎました」と自虐気味に返答し、会場を湧かせた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする