「席がない」「手書きチケット配布」 ジャニーズJr. 祭りでデジタルチケットに不具合?

4月7日から4月9日までさいたまスーパーアリーナ(埼玉県)で開催されているコンサート「ジャニーズJr. 祭り」で4月8日、入場トラブルが発生したとの情報がTwitterで続々と

報告されています(ただし7日はプレ販売のみ)。

今回の公演で導入されていた「デジタルチケット」に不具合が発生し、開演時間が遅れたとのこと。騒動は広がり、14時ごろにはTwitterのトレンドにも「デジチケ」が入りました。

現地のファンによると、会場で発券されたチケットに存在しない座席番号が印刷されるなどしている他、QRコードを読み取る機械が故障している、席がないチケットを持つ人たちには手書きのチケットが配られている、など情報が錯綜しています。

今回のコンサートでは、チケットの高額転売対策によるものとみられる「デジタルチケット」が導入されていました。チケットが当選したファンにはQRコードを送信しており、座席は当日、現地に行くまで分かりません。また発券の際には身分証明書が必要で、入場時に本人確認を行うなど、徹底した対策が取られると期待されていました。

これまでに嵐や渋谷すばる(関ジャニ∞)のソロコンサートなどでの導入実績もありましたが、ファンからは今回のデジタルチケット導入に対して「アクセス集中してデジチケ表示できないとかはさすがにないかな?」「デジチケ不安でしかない」「デジチケの仕組みがわかってなさすぎて不安!」など、心配の声があがっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする